SourceForts Edit

公式サイト
http://www.sourcefortsmod.com/index.php

ゲームの概要 Edit

2005年にリリースされたHL2DM用のMODです。
(2008年時点の)最新バージョンは1.9.3で、リリース当初よりGUIやマップの進化が行われています。
プレイヤーは赤と青のチームに分かれてCTFを行います。
このMODの特徴として自分で板やブロックを組み合わせ、砦を建築することが可能です。
というかブロックで積み木するのがメインであり、戦闘部分はおまけの様なものです。

このページの構築にあたり、既存のSourceMODのページを参考にさせていただきました。

インストール Edit

SourceFortsはHL2DMのMODのため、HL2DMの本体と、HL2の本体、もしくはSourceエンジンを使った
ゲームを購入する必要があります。インストールの方法が微妙に違うので、以下を参照してください。

(1月17日)現在nVIDIA製のグラフィックボードを使用している方は無料でHL2DMが貰えるキャンペーンが実施されています。ぜひこの際にご利用下さい。
参考URLはこちらhttp://www.negitaku.org/news/8797/

インストール(Sourceエンジンを使ったゲームを持ってる人) Edit

HL2は持ってないけどCS:SやDoD:SなどSourceエンジンを使ったゲームなら持っているという方は
SteamのツールからSource SDK Baseをインストールしてください。
後は下記に従いインストールをしてください。

インストール(HL2を持ってる人) Edit

http://www.sourcefortsmod.com/index.phpから最新のクライアントをダウンロード、インストールします。
このときインストール先を*HL2インストールフォルダ*Steam\SteamApps\SourceMods\のようにします。

インストールできたらSteamのマイゲームの一覧にSourceFortsが表示されるようになるので
そこから起動できます。表示されない場合はSteamを再起動してください。

TIPS(操作方法など) Edit

ルール Edit

基本的なルールはCTF(キャプチャーザフラッグ)であり、敵陣からボール(フラッグの役割)を奪い、
自陣のボールまで持ち帰ればスコアとなります。
スコア制度はボールにタッチすると1点、持ち帰ると100点が加算されます。
スコアリミットに達するとそのチームの勝利となります。
(実際は300点~1000点などに設定されることが多いので、タッチの1点はほぼ意味を成しません)
戦闘によるスコアは一切加算されないため、効果的な動きを考えましょう。

※ボールにはちゃんと入口、出口(同一のものでも可)を作って下さい。ゲームが成立しなくなります。

SourceFortsの1ラウンドは、ビルドフェイズコンバットフェイズの2つに分かれています。
ビルドフェイズでは各チーム全員が自由にブロックを移動、固定することができます。
また、マップに設置されているブロック生成ボタンを利用することができます。
対してコンバットフェイズでは、ブロックを自由に移動させられるのはEngineerだけとなります。ブロック生成ボタンも使用することはできません。
各クラスごとに武器が与えられ、CTFの戦闘開始となります。

操作方法(デフォルトの場合) Edit

WASD=移動
E=USEキー(ブロック生成ボタンを押す、弾薬箱や回復装置を使用する)
R=リロードキー(武器のリロードをする、ブロックを固定する・解除する)
G=グラヴィティガンに持ち替える
Y=全体チャット
U=チームチャット
SHIFT=走る
CTRL=しゃがむ

※デフォルト設定だとChangeTeamのキーが設定されていないので、適当なキーに設定してください。

クラス Edit

青側(コンバイン)、赤側(市民)のチームには同様に5つのクラスが存在します。

  • Scout
    全クラス中で最も移動速度の早いクラスです。その特性を生かし、相手のボールを奪取してくるのが任務となります。
    しかし、固有武器のサブマシンガンの威力も中々の物なので、遊撃部隊としても威力を発揮することができます。
    • 固有武器 サブマシンガン
  • Engineer
    その名の通り、ブロックを建築したり修理することが出来ます。
    コンバットフェイズ中にブロックを移動、固定、解除できるのはこのクラスのみとなります。
    グラヴィティガンを持ち左クリックでブロックの修理をすることもできます。
    戦闘力は低く、またブロックの解除などにも時間がかかるので味方の援護が必須。
    • 固有武器 グラヴィティガン
  • Soldier
    高いヘルスとアーマーを持ち、パルスライフルを使用する重装備のクラスです。
    初心者にも扱いやすいので困ったらこちらを選ぶと良いでしょう。
    • 固有武器 パルスライフル
  • Rocketeer
    ロケットランチャーとトリップマインを持った攻撃力の高いクラスです。
    ボール付近にトリップマインを仕掛けるのは非常に有効ですが、爆風により誘爆するので注意しましょう。
    • 固有武器 ロケットランチャー トリップマイン
  • Sniper
    ズーム可能なクロスボウを持ったクラスです。
    クロスボウは非常に威力が高く、HSすれば全てのクラスを一撃で葬ることが可能です。
    しかし、即着弾ではない上、弾道が直進しないため多少の慣れが必要となります。
    • 固有武器 クロスボウ

テクニック Edit

ただ単に板を組み合わせただけでは効果的な防御はできないし、美しくありません。
以下に作り方の例を紹介します。
もちろんこの通りに作ることが全てではなく、あくまで参考程度に捉えてください。
自らの創意工夫を生かして一級建築士を目指しましょう。

  • 防壁
    SourceFortsの基本となる壁の作り方です。
    長方形の板を用意し、グラヴィティガンでつかみ視点を上に移動すると、
    板を垂直にすることができます。この状態でRキーで固定することで
    相手の進入を防ぐ事ができる壁を作れます。
    板を厚く組み合わせることでエンジニアによる固定解除に対抗することができますが、
    出現させる事のできるブロック数には限りがあるので注意しましょう。
  • 通路・見張り台
    長い板をナナメに置き、高い位置に移動するために作りましょう。
    建築できるフィールドは限られていますが、立体的に考えることで無限大の可能性を得られます。
    また、高所にブロックを盾にするように設置すればスナイプ用や監視用にも役立ちます。
  • しゃがみ通路
    これは、防壁やフラグルームへの入り口に使われます。
    しゃがみで通れる高さになるよう板を設置し、移動速度を制限することができます。
    相手が侵入してくる際はもちろん、自分たちの帰り道にも使用できます。
    一番簡単な作り方としては長方形のブロックをまず地面に置き、
    その上に板を置くことで簡単にしゃがみ時の高さに合わせることができます。
  • V字型通路
    長方形の板をV字に向かい合うように設置することで、ジャンプのできない通路を設置できます。
    つまり、両方どちらの板にも乗ることができず、すべり落ちている状態で移動することになります。
    これは高等テクニックですが、使用することができたら非常に有効となるでしょう。

コメント欄はこちら Edit



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-06 (土) 10:56:01 (2904d)